令和4年5月22日、通常総会、エビデンス・スタディー・ミーティングが開催されました。

令和4年5月22日 本会事務局の理事・役員と会員をZoomで繋いでハイブリッド形式で通常総会とエビデンス・スタディー・ミーティングを開催いたしました。


新型コロナ感染症予防対策の為、初めてのハイブリッド形式での開催したが、無事に議案全てに承認を得て会を終える事ができました。


エビデンス・スタディー・ミーティングは本会顧問弁護士の桃木野先生による「施術所内におけるコロナ感染症に対する対応、施術一部負担金不払い、暴力団等における問題点と対処方法について」と我々の施術で想定し得る事例について詳しくご講演頂きました。








閲覧数:20回